自然に回帰したい希望を叶える自然葬

近年、墓地への納骨という形を取らず自然葬という形での散骨形式を希望する人が次第に増加しています。地球環境問題への関心の高まりにより純粋に死後の自然回帰を希望する人が増えてきたという事に加え、少子高齢化により墓地自体の新規購入や維持・代々継承の難しさという問題も背景に存在しています。
方法としては、生前の遺言に従い希望の場所、例えば海上や山野等に火葬後細かく砕いた遺骨を散骨するという方式が一般的となっています。

本物の千葉の自然葬の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

また最近では樹木葬と言って、人工の墓石の代わりに天然の樹木を植えその下に遺骨を埋葬する方法も急速に増えてきており、これもまた自然への回帰を願う自然葬の一種として捉えるケースが多くなっています。

livedoorニュース情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

散骨に関しては現在、これらの手法を取り扱う葬儀社に依頼すれば法的な問題はほぼクリアーしており特に問題はありませんが、特に山野への散骨を希望する場合、土地の地主の許可を得る等の対応が必要となるケースもあります。



また樹木葬に関してはこれらを専門に受付ける霊園が全国各地に広がってきており、よりポピュラーな方式となってゆく可能性が高くなっています。
自然葬に対する認識や希望は若い世代になる程高まりを見せていますが、従来の葬法を重視している年配世代との間にはまだ認識のズレという問題も横たわっており、本人の生前の希望通りに上手く事が運ばない可能性も大きいものです。

そこで故人の希望を最大限尊重しつつ、遺族全員が納得できる形での方式を選択する必要性がまだあるのです。


Copyright (C) 2015 自然に回帰したい希望を叶える自然葬 All Rights Reserved.