散骨ならばお墓がいりません

核家族化が進み、お墓を管理する人がいないという人が増えています。

またお墓そのものも安いものではないので、経済的な負担が大きいといえます。

現在増えている方法として散骨があります。散骨は故人が希望した海や山に遺骨をまくというものになりますので、自然に還すことを目的にしています。ただし、勝手にまいてはいけません。

Weblio辞書の情報も多数ご用意しました。

遺骨を許可なくまいてしまうと法律で罰せられますので、きちんと許可をとる必要があります。
どこの山でも海でも許可が取れるわけではないので、まずは業者に相談するとよいです。
専門的に行っている業者を利用すれば、適切に対応してもらえます。
散骨の場合は、他の人と合同で行うことができます。


特に海の場合は船を借りて目的地まで移動する方法がありますが、費用が高くなることが多いです。



費用を減らしたいのであれば、合同で行うプランを選択するとよいです。



出来るならば、生前のうちに用意をしておくことが望ましいです。

散骨をするにしても、許可や場所の確認など前もって準備しておくことが多くあります。

本当に希望される場所にまいてほしいのであれば、家族に相談しておくことです。まだ散骨は有名な方法ではありませんので、反対する親戚などがいる可能性もあります。

遺族同士でもめないためにも、話し合いの機会を作っておくとよいです。
お墓を必要とせず、山や海に遺骨をまいてほしいと希望する人向けの方法になっています。
様々なプランがありますので、納得するまで検討してみることを忘れてはいけません。


Copyright (C) 2015 散骨ならばお墓がいりません All Rights Reserved.