遺言で指定して死後は散骨で好きな場所と一体になろう

散骨というのは、火葬場で焼いた後の遺骨や遺灰を、自然のなかへと戻す作業のことをいいます。
自宅の庭に遺灰を撒いて欲しいという要望は、かなり昔からよくあるものです。


マイホームを一生懸命購入し、そこで長年生活をしてきた人は、生前にこういった希望を出すことが多いです。

遺された家族は、本人の希望を尊重して庭に遺灰を撒いてくれることでしょう。

散骨は常識の範囲内であれば、違法にもなりません。

水源地の近くに撒くなどすれば、近隣住民から苦情が寄せられることもあるでしょうが、自宅の庭程度なら何も問題はありません。


他にも、死後広い世界に旅立ちたいと思っている人は、海に散骨して欲しいと希望をすることもあります。海の中に自分の灰が溶けていくと、まるで地球と一体になったかのような気分になれるはずです。

いろいろな生物とも関わりあいを持てるでしょうし、狭い墓地のなかや骨壷のなかにいるよりは安らかに眠れると考える人が多いです。



散骨は芸能人や有名人の方もよく行なっています。



また、大きな宗教犯罪者が処刑されたとき等は、その人物の墓地が聖地化しないように、わざと散骨をして墓地を残さないという工夫がされることもあります。
別にすべての遺骨や遺灰を撒いてしまう必要もありません。

半分は墓地に置いておいて、残りの半分を撒くという方法はバランスが取れているので遺族も対応しやすいはずです。



遺言等でお願いをしておけば、希望は叶えてもらえるでしょう。



Copyright (C) 2015 遺言で指定して死後は散骨で好きな場所と一体になろう All Rights Reserved.