樹木葬という自然葬の一種がペット愛好家の間で人気

ペットが亡くなったときには、庭に埋めてあげるのがいいでしょう。その上に種を撒けば、いわゆる樹木葬というものになります。
樹木葬とは自然葬の一種で、埋葬した場所に花木を植えて育てる方法を指します。

花木の種類はいろいろ選択できますが、桜はなかでも一番人気です。
なぜなら、非常に美しい花が咲くので、飼い主としてはペットの魂が再び咲いたように感じることができるからです。
しかも桜のような大型の木は数十年から数百年もその場所で生き続けます。ペットが桜の花になってまた生を謳歌している感じになるので人気が高いです。



人間の場合には火葬するのが義務付けられているので自由に自然葬をすることはできませんが、ペットなら法律もまだ甘いのでさまざまな自然葬を選ぶことができます。

単純に土葬をしても自然葬の一種となります。

上記に挙げた樹木葬もいいですし、火葬してその後に遺灰を海に流してあげるのもいいでしょう。


自然葬には非常に多くの種類があって、風に遺灰を撒けば風葬になります。


宇宙に撒けば宇宙葬ですし、場所によって同じ撒く方法でも呼び名は変わります。
また、最近では遺骨や遺灰をペンダントにする方法も人気が高いです。

知って得するBIGLOBEニュースに関する詳細はこちらです。

骨を固くコーティングしてアクセサリーにするなど、愛するペットが亡くなったときにできることはいろいろあるということです。

専門の業者も存在しているので、ペットを飼っているなら、いざそのときのためにチェックしておいてください。




Copyright (C) 2015 樹木葬という自然葬の一種がペット愛好家の間で人気 All Rights Reserved.